【SwiftUI】カメラ機能の実装方法【撮影画像とライブラリー画像の利用】

この記事では、SwiftUIでのカメラ機能の実装方法について解説します。

実装例として、カメラを起動して撮影した画像と、すでに撮影されておりライブラリーに保存されている画像の利用方法を紹介します。

 

◆動作検証環境

・ローカル環境:mac Catalina
・XCode:12.1
・SwiftUI:2.0
・iOS:14.0
・Life Cycle:SwiftUI App
スポンサード

カメラ、画像利用クラスの作成

 

現在、SwiftUIでカメラ機能を利用する場合、UIViewControllerRepresentable を適合させたStructを作成します。

さらに、SwiftUIとUIKit間の動作をサポートするCoodinator クラスと関係するメソッドを作成します。

 

スポンサード

画像表示と機能選択のViewの作成

 

今回は以下のような画面を作成します。

カメラを起動させて選択した画像、または、ライブラリーから選択した画像を画面中央に表示し、その下には、カメラの起動または、ライブラリーからの画像選択の機能を選択するためのボタンを設置します。

 

以下のようにコードを編集します。

 

この状態でシュミレーター動作を確認すると、Uploadを選択し、ライブラリーから画像の選択は可能ですが、カメラの機能の確認はできません。

 

カメラ機能確認のために、まずはカメラ使用のパーミッションの設定を行い、実機に動作を確認します。

Info.plist を編集します。

Information Property List の+ボタンを選択し、Privacy - Camera Usage Description を追加します。

 


以上、SwiftUIでのカメラ機能の実装方法例として、カメラを起動して撮影した画像と、すでに撮影されておりライブラリーに保存されている画像の利用方法を紹介しました。