【SwiftUI】プログラムコードによる評価・レビュー(画面遷移)と、アプリのシェア方法

この記事ではAppStore内評価レビュー画面への遷移、簡易の評価レビュー画面の表示、アプリのシェアをプログラムコードを利用して行う方法について紹介します。

iOS14.0以上の環境での開発方法となります。

 

◆動作検証環境

・ローカル環境:mac Catalina
・XCode:12.1
・SwiftUI:2.0
・iOS:14.0
・Life Cycle:SwiftUI App
スポンサード

アプリのシェアの方法

 

インストールしているSNSのアプリなどと利用して、下記のようにアプリをシェアする方法を紹介します。

 

以下のメソッドを作成し、アプリのシェアを行います。

 

productURL の指定は、すでにアプリをAppStoreにて公開している場合は、対象のアプリのURLを利用し、公開していない場合は、AppStoreConnect内の一般[App情報]→[AppStoreで表示]から参照します。

 

 

スポンサード

AppStoreの評価・レビュー画面への遷移方法

 

次に、AppStoreの評価・レビュー画面への遷移方法です。

下記のような画面へ遷移し、対象のアプリの評価、レビューを行います。

 

下記のメソッドを作成し、遷移を行います。

 

AppStore内の評価、レビュー画面遷移の動作確認は、実機を利用して行います。

 

スポンサード

評価画面の表示方法

 

次に評価画面の表示方法です。

先程紹介した、AppStore内で評価するものと違い、以下のようなアプリ内に画面を表示させ星の数による評価を行う方法です。

 

下記のメソッドを作成し、評価画面を表示させます。

 

これで、上記のメソッドを呼ぶと画面が表示されますが、アプリのリリース時には、アップルにより評価画面の表示には回数の制限等が設けられているためそちらを遵守する必要があるため、そちらの条件に対応する必要があります。

 

参考例として、以下のようにコードを編集します。

 

enum ReviewRequestControlの作成

 

この変更により、さきほどreviewAppRequest() で画面表示していた箇所を、ReviewRequestControl.reviewAppRequest() と変更します。

実際の開発では、onAppear などで利用するパターンとなりそうです。

 


以上、AppStore内評価レビュー画面への遷移、簡易の評価レビュー画面の表示、アプリのシェアをプログラムコードを利用して行う方法について紹介しました。